ホーム>セミナー2021東京

セミナー2021東京























































1日目
TA-1/A会場
東京 1日目
6月30日(水)
10:30-12:00
5年後にあるべき飲食店の姿とは?
〜デジタルを「あたりまえ」にするお店づくり〜
俺の株式会社
専務執行役員

山田 真輔 氏

株式会社バルニバービウィルワークス
取締役

山口 翼 氏

株式会社Showcase Gig
代表取締役

新田 剛史 氏


俺の株式会社
専務執行役員
山田 真輔 氏

「シノワ銀座」などでソムリエとして修業後、ワインインポーター直営のレストランにて統括マネージャーを歴任。
2013年俺の株式会社に入社し『俺のイタリアン』『俺のフレンチ』の店舗にて店長を経験し、現在は営業本部長として全店舗の業務推進を担当しています。

株式会社バルニバービウィルワークス
取締役
山口 翼 氏

株式会社オリエンタルランドへ入社後、テーマパーク内のレストランにて8年間勤務。
その後、株式会社バルニバービへ入社。以降、「GOOD MORNING CAFE」や「GARB」で2年間勤務ののち店長に就任。
2019年8月より、株式会社バルニバービウィルワークスの取締役に就任。東京・天王洲のオーシャンスタイルレストラン「RIDE」の店長も務める。

株式会社Showcase Gig
代表取締役
新田 剛史 氏

日本初のモバイルファッションECサイト運営会社を経て、 東京ガールズコレクション草創期のプロデューサーを務める。
2009年より、株式会社ミクシィにて、ソーシャルマーケティング事業及び、新規事業責任者として、SNSと実店舗の連動送客システムの構築など、国内でもいち早くO2O/オムニチャネル領域のサービス開発に取り組む。
2012年に株式会社Showcase Gigを設立。
外食、小売領域におけるデジタルサービスの開発に従事。
2013年より国内初となる本格的なモバイルオーダープラットフォーム「O:der(オーダー)」の提供を開始。
日経クロストレンド「デジタル店舗ショーケース」などで連載中

TA-2/A会場
東京 1日目
6月30日(水)
12:30-14:00
投げ銭方式 関西飲食店オーナー交流会エフロク(F6)
大阪焼肉ブルース
これが浪花商人のスタイルだ!!

【パネリスト】
株式会社元気ファクトリー
代表取締役

今吉 純一 氏

【パネリスト】
AKフード・プロ株式会社
代表取締役

荒木 和也 氏

【パネリスト】
株式会社浪花乃台所
代表取締役

甲斐 信也 氏

【パネリスト】
株式会社LPH
代表取締役

松野 智和 氏

【パネリスト】
株式会社野々屋
代表取締役

草野 崇 氏

【パネリスト】
株式会社もちつもたれつ
代表取締役

山川 剛史 氏

【コーディネーター】
株式会社ルートアンドアクティベーション
代表取締役

今富 信至 氏


株式会社元気ファクトリー
代表取締役
今吉 純一 氏

1961年10月23日、福岡県北九州市生まれ。 大阪あべの辻調理師専門学校卒業。19歳でパリに渡り、カウンターごしに会話を楽しむカフェ文化の魅力に触れる。
1995年、カフェのカウンター文化を焼肉店に取り入れ、女性が一人でも焼肉が楽しめる『焼肉どんどん』をオープンして大ヒットさせた。以後は焼肉業態だけでなく多業態に進出する。飲食業界では「浪花の妖怪」と呼ばれ、国内はじめ海外からも注目される経営者の一人。

AKフード・プロ株式会社
代表取締役
荒木 和也 氏

Coming Soon

株式会社浪花乃台所
代表取締役
甲斐 信也 氏

Coming Soon

株式会社LPH
代表取締役
松野 智和 氏

Coming Soon

株式会社野々屋
代表取締役
草野 崇 氏

Coming Soon

株式会社もちつもたれつ
代表取締役
山川 剛史 氏

Coming Soon

株式会社ルートアンドアクティベーション
代表取締役
今富 信至 氏

1974年大阪府寝屋川市生まれ。リクルート出身。
2010年食での地方創生に興味を持ったことをきっかけに起業。
“食でにぎわいを創る”ことを社ののミッションに新しい角度から食のにぎわいを創る。
外食店向けのWebプロモーション事業では全てのグルメサイトの取扱いと独自の広告運用システムで 成長意欲の高い外食企業を多数サポート。
日本最大級のフードフェス『FOOD SONIC』を主催JVの1社として2019年開催は全国で30万人を動員。
外食オーナーシンポジウム『F6 エフロク』では主催事務局長としてオーナー同士の交流を通じて外食店の成長支援を務める。
事業構想大学院大学修士課程修了。

TA-3/A会場
東京 1日目
6月30日(水)
14:30-16:00
外食産業記者会 presents
~表彰式&交流会~
外食アワード2020

2020年に目覚ましい活躍をみせ、業界に価値ある仕組みを示した外食事業者4者と、外食事業者をサポートする中間流通2者の計6者【外食アワード2020】と表彰します。表彰式の後に受賞者を交えた交流会を行いますので、飲食店関係者はふるってご参加ください。
(※飲食店以外は有料・事前登録制)

日本KFCホールディングス株式会社
代表取締役社長

近藤 正樹 氏

一般社団法人 日本居酒屋協会 会長
株式会社浜倉的商店製作所
代表取締役

浜倉 好宣 氏

株式会社ギフト
代表取締役社長

田川 翔 氏

株式会社ゴーストレストラン研究所
代表取締役

吉見 悠紀 氏

株式会社フードサプライ
代表取締役社長

竹川敦史 氏

株式会社ミートエポック
代表取締役社長

跡部 美樹雄 氏


日本KFCホールディングス株式会社
代表取締役社長
近藤 正樹 氏

こんどう・まさき/1955年生まれ。兵庫県出身。
1978年4月に三菱商事入社(食品本部)。85年5月コロンビア三菱、2001年4月コーヒーユニットマネージャー。08年4月伯国(ブラジル)三菱商事社長、13年4月生活産業グループCEO補佐(人事担当)。14年6月日本KFCホールディングス代表取締役執行役員社長。

一般社団法人 日本居酒屋協会 会長
株式会社浜倉的商店製作所
代表取締役
浜倉 好宣 氏

はまくら・よしのり/1967年、横須賀生まれ。
京都に育ち、高校時代から飲食店で働き、卒業後入社した会社にて飲食店のプロデュース業に目覚める。いくつかの外食企業を経て2008年に独立。経営難の鮮魚店や仲卸を再生した「浜焼き酒場」「鮮魚酒場」や、「恵比寿横丁」などの斜陽となった物件を生まれ変わらせる「横丁」プロジェクトを各地で進める。『外食アワード2009中間流通・外食支援事業者』受賞。

株式会社ギフト
代表取締役社長
田川 翔 氏

たがわ・しょう/1982年、千葉県船橋市生まれで神奈川県横浜市育ち。
株式会社ギフト代表取締役社長。幼少の頃からラーメンが大好物で、高校時代にラーメンでの起業を決意。高校卒業後、横浜の有名ラーメン店で修業を開始し、6年間の修業を経て、2008年1月、東京都町田市に横浜家系ラーメン「町田商店」を個人事業として創業。18年10月、東京証券取引所マザーズに株式を上場。20年9月、東証一部へ市場変更。

株式会社ゴーストレストラン研究所
代表取締役
吉見 悠紀 氏

よしみ・ゆうき/1985年、東京都渋谷区生まれ。
株式会社ゴーストレストラン研究所代表取締役。広告代理店を退社後、AKINDOを設立。日本企業のアジア進出促進を目指し、マレーシアを中心に食材の輸出やPRイベントを行う。その後、社名をeat worksに変更し、有名シェフのマネジメント、食のPRを担当。2019年1月から1キッチン複数業態型のゴーストレストラン、「Ghost Kitchens」を運営するゴーストレストラン研究所を設立。

株式会社フードサプライ
代表取締役社長
竹川 敦史 氏

たけかわ・あつし/1979年生まれ。鳥取県出身。
大学卒業後、食品商社、大手外食チェーンなどを経て、2007年に独立し飲食店を経営。その後、飲食企業のコンサルティングなども手がける。09年にフードサプライを設立。業務用野菜卸として関東圏を中心に約5000店舗の顧客を持つ。「新しい流通をつくる企業」としてドライブスルー八百屋だけでなく、業務用卸売業者4社との協業による宅配「センチョク」、BtoBの青果業界最大の協業によるEC事業「青果日和」と事業領域を開拓し続けている。

株式会社ミートエポック
代表取締役社長
跡部 美樹雄 氏

あとべ・みきお/1975年生まれ。千葉県出身。
株式会社ミートエポック代表取締役社長。2012年、代表を務める飲食事業会社・株式会社フードイズムで熟成肉専門店「旬熟成」を出店。熟成には発酵菌が重要と知り、飲食店の経営の傍ら、菌と肉の研究に没頭。明治大学農学部と産学連携の研究により、約4年の歳月をかけ、安全で人体無害な接合菌の培養に成功。熟成肉や熟成魚を簡易的に生産できる「エイジングシート」を開発した。

TB-1/B会場
東京 1日目
6月30日(水)
10:30-11:30
外食産業記者会 presents 有料講座2,000円
老舗に学ぶ
~商いの進化と深化、そして真髄
株式会社人形町今半
代表取締役社長

髙岡 慎一郎 氏
聴講方法:当日受付にてお支払いください(現金のみ・先着順)


株式会社人形町今半
代表取締役社長
髙岡 慎一郎 氏

出身地東京都

学歴
昭和58年 3月
玉川大学文学部卒業

職歴
昭和58年 4月 株式会社ワイ・デー・ケー入社
昭和61年11月 株式会社人形町今半入社
平成 2年 3月 取締役上野広小路店店長就任
平成 5年 6月 常務取締役就任
平成13年6月 代表取締役社長就任

平成31年2月

現在役職
株式会社人形町今半 代表取締役社長
株式会社人形町今半フーズプラント 代表取締役社長
株式会社人形町今半開発 代表取締役社長


公職
日本フードサービス協会 常任理事
東京商工会議所中央支部 評議委員
内閣府 食品安全委員会 専門委員

TB-2/B会場
東京 1日目
6月30日(水)
12:00-13:00
全国焼肉協会 presents
NY出店記録
株式会社 トラジ
代表取締役社長

金 信彦 氏


株式会社 トラジ
代表取締役社長
金 信彦 氏

東京都足立区生まれ、深川育ち。小学校の頃からサッカーをはじめ、中学ではキャプテンを務める。大学卒業後、母を手伝うため家業の焼肉店に入店。
母のもとで修業し、27歳の時に独立、1995年、恵比寿南に「炭火焼肉トラジ 恵比寿本店」を開業。都内を中心に、名古屋、京都、大阪など直営店63店舗(2020年10月現在)
2020年12月で25周年を迎える。

TB-3/B会場
東京 1日目
6月30日(水)
13:20-14:20
日本回転寿司協会 presents 実演

マグロ解体ショーを活用して売上を復活させる!
活用事例セミナー&解体実演

【パネリスト】
石橋水産グループ
グルメ廻転鮨四天王 まぐろ解体職人

川股 竜二 氏

【パネリスト】
株式会社システム企画
副社長

高麗 正之介 氏

【コーディネーター】
株式会社クロスドリーム
代表取締役 一般社団法人
日本回転寿司協会 専務理事

田尻 力 氏


石橋水産グループ
グルメ廻転鮨四天王 まぐろ解体職人
川股 竜二 氏

生年月日:1968年4月3日
北海道札幌生まれ、石川県金沢育ち。
日本回転寿司協会東京地区理事。
株式会社ネオ・エモーション専務としての顔を持つ一方で、本まぐろ解体ショー職人として 全国・世界中を飛び回る。本人の手掛ける本まぐろ解体ショーは年間平均180回以上。
全国各地の鮮魚仕入れも手掛ける「魚のプロ」である。
お客様に、回転寿司で最高の寿司と魚を召し上がって頂くため、 手の届く贅沢をテーマに日々美味しい魚・食材、人との出会いに想いを込める。

株式会社システム企画
副社長
高麗 正之介 氏

東京海洋大学大学院卒。大手水産会社の勤務を経て、2013年に㈱システム企画に入社。
仕入・営業全般に携わり、本物志向の寿司を目指ながら、日々改善に励む。既存店売上を3割以上向上させる。

株式会社クロスドリーム
代表取締役 一般社団法人
日本回転寿司協会
専務理事
田尻 力 氏

1974年12月3日生まれ 石川県金沢市出身
12年間回転寿司コンベアーメーカーの営業とし回転寿司業界に従事し 飲食チェーン店・ITコンサルティング会社をえて2007年同社設立
居酒屋、回転寿司店のコンサルティングを行い、2011年1月回転寿司店数社と 日本回転寿司協会を発起(現,専務理事)
Apple社からiPad 1が発売された数ヶ月後にiPadを使ったセルフオーダーシステムを発売。
現在では、居酒屋・焼肉屋・レストラン・カフェなどへPOS・セルフオーダー販売の他 飲食店の視点からの開発業務も行う。

TB-4/B会場
東京 1日目
6月30日(水)
14:40-16:10
「ネクストーーーク」
企業を支える2番手のぶっちゃけ裏トーク
コロナ禍どうした?どうしてる?どうする?
with & after 飲食店あるある~!!
【パネリスト】
株式会社WDI JAPAN
取締役 営業本部 本部長

福田 典生 氏

【パネリスト】
株式会社ワンダーテーブル
取締役

小川 圭介 氏

【パネリスト】
株式会社Kings Know
取締役
Executive Vice President CFO

河野 浩和 氏

【パネリスト】
株式会社リン・クルー 
取締役 営業本部長

伊藤 健治 氏

【パネリスト】
株式会社LEAD LIVE COMPANY
取締役副社長

遠山 啓之 氏

【パネリスト】
株式会社魚金
常務取締役 営業戦略本部長

浅倉 隆 氏

【コーディネーター】
株式会社ピーカチ
取締役副社長 COO

西林 厳史 氏


株式会社WDI JAPAN
取締役 営業本部 本部長
福田 典生 氏
和歌山県出身。当時勤務先のフランチャイジー企業が買収された経緯からWDIに入社。
以来、人財開発部長、西日本支社統括、アメリカンダイニング事業部長を歴任。
現在は、カプリチョーザ、ハードロックカフェ、エッグスンシングス、 添好運(ティム・ホー・ワン)など多彩なレストランを国内外で約200店舗展開する WDI GROUPの国内事業を束ねる株式会社WDI JAPANの取締役兼営業本部長。
「現象に惑わされず、本質を見極め追求すること」がモットー。「日本外食新聞」に 『かみツイート★リーダーとしての心得』を連載中。

株式会社ワンダーテーブル
取締役
小川 圭介 氏

1967年生まれ、愛知県出身。
10代から飲食業界で働き始め、20代初めには支配人を務め、 その後は、新店開業やブランド開発などに携わる。
エンターテイメントでは様々なライブハウスやクラブを、 ストランでは、イタリアンやフレンチ、ラテン、アジアンなどの専門店の開発・開業に幅広く手掛ける。
2000年より、現在の株式会社ワンダーテーブルに入社し、スーパーバイザー、 人事マネジャー、営業本部長、取締役を務め、現在は、人材開発やマーケティング、管理、購入など管理部門を統括する。

株式会社Kings Know
取締役 Executive Vice President CFO
河野 浩和 氏

1971年、宮崎県生まれ。大学進学のため上京し、4年間レストランバーで飲食のアルバイトを経験。
卒業後は花月園観光に就職し、ロッヂやホテルでサービスを学び、飲食事業の統括を勤め上げる。
その後、フランチャイズ契約をしていたフォーシーズに転籍しイタリアンレストランの店長を歴任。
さらにグローバルダイニングで管理業務、ユナイテッド&コレクティブにて役員の経験を積み、 2014年に株式会社Kings Knowの経営企画室長 兼 管理本部長として入社、2015年取締役CFOに就任。
同年MBA(経営学修士号)を取得。2017年に同社取締役副社長に就任、 2019年11月から取締役Executive Vice President CFOに就任し現在に至る。

株式会社リン・クルー 
取締役 営業本部長
伊藤 健治 氏

東京都新宿区出身。株式会社リン・クルー取締役兼営業本部長。
黒服に憧れて18歳より六本木のディスコにて勤務。21歳の時に林直樹氏に出会う。
1998年に林氏が独立すると共に創業メンバーとして株式会社リン・クルーの立ち上げに参加。
大手ゲーム会社の飲食事業立ち上げに出向し、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダーなどを世に輩出した米国レーベル「Motow Records」のテーマレストラン「モータウンカフェ」日本1号店の出店に参画。
自社店舗では2000年に和食ダイニング「かまくら」1号店を渋谷に出店。2号店の銀座店は「ぐるなび年間アクセスランキング 和食部門全国1位」を獲得。
現在、ビストロから居酒屋まで多業態の飲食店を首都圏を中心に、仙台・名古屋・大阪・博多に計35店舗を展開している。

株式会社 LEAD LIVE COMPANY
取締役副社長
遠山 啓之 氏

取締役副社長//日本フードビジネスコンサルティング協会 理事
1973年生まれ

杏林大学社会科学部卒業後、小劇団に入り俳優を目指す

デザイン会社を経て、2000年【株式会社グローバルダイニング】に入社

モンスーンカフェ恵比寿店の店長、G-ZONE銀座店、代官山店の店長を歴任
レガート、ステラートのディナーレストランを経て、2013年9月【株式会社プレジャーカンパニー】に入社
サービスマネージャーとして、現場勤務とともに、接客の理論化や仕組み作り、教育の仕方の教育、組織作りなどを担当
2015年1月から2018年3月まで【日本外食新聞】内で、接客や教育を文章化した記事【サービスのチカラ】を執筆
2019年1月に【サービスのチカラ 店長マネジメント編】
2020年1月に【サービスのチカラ 今からできる!笑顔のアクション接客編】を出版
社外セミナーや学校での臨時講師など、活躍の場所は多岐に渡る
2020年11月【株式会社LEAD LIVE COMPANY】設立

株式会社魚金
常務取締役 営業戦略本部長
浅倉 隆 氏

1966年東京都生まれ、2009年に株式会社金原商会(現株式会社魚金)に入社。企画開発部長を経て2017年に同社常務取締役に就任。現在に至る。外食企業に携わるきっかけとなったのは、学生時代のアルバイト先の上司が現株式会社魚金代表の金原であったことからであり、在職中に多大な影響を受ける。以降30年以上の付き合いが現在も続く。

株式会社ピーカチ
取締役副社長 COO
西林 厳史 氏

1975年広島生まれ。1997年(株)ぐるなび関西版の立上げメンバーとしてNKB入社。
3か月後にチーフとなり支社2番手として関西支社を束ねる。
その中で飲食業界の人と食に魅了され、飲食業界に携わる会社を設立し独立したいと退職。
独立前に求人広告も勉強したいと飲食専門の求人誌グルメキャリーの門を叩き入社。
その後2000年(有)グローバルメディアジャパン設立し、代理店としてぐるなび広島版の立上げを行う。
その後ケータイが会員証・ポイントカードに!というコンセプトの元、現在のP+KACHIシステムを開発、 2002年P+KACHIをサービスイン。2006年システム名を社名にし(株)ピーカチを設立、取締役副社長COOに就任。
飲食業界に携わり23年。現在P+KACHIシステムはポイントカード・顧客管理をベースとして多種多様な店舗様と 850万人のエンドユーザーの方々にご利用頂いています。
TC-1/C会場
東京 1日目
6月30日(水)
10:30-11:30
飲食業界の「新しい生存戦略」
コロナ倒産する飲食店と生き残るお店の違いを徹底解説
一般社団法人 日本チップ普及協会
代表理事

鴨頭 嘉人 氏


一般社団法人 日本チップ普及協会
代表理事
鴨頭 嘉人 氏

2010年に独立起業し株式会社ハッピーマイレージカンパニー設立(現:株式会社東京カモガシラランド)。
人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家として活躍する傍ら、リーダー・経営者向け書籍を中心に19冊(海外2冊)の書籍を出版する作家としても活躍。さらには「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信している。YouTubeの総再生回数は2億回以上、チャンネル登録者数は延べ100万人を超す、日本一のYouTube講演家として世界を変えている。

TC-2/C会場
東京 1日目
6月30日(水)
11:50-12:50
居酒屋甲子園 presents
やっぱり理念経営は強かった!!
コロナ危機でハッキリ見えた、地域に根差す飲食店のあり方とは?
~新潟編~
居酒屋甲子園
7代目理事長
株式会社Elevation
代表取締役

山崎 聡 氏


株式会社Elevation 
代表取締役
山崎 聡 氏

新潟県新潟市出身。株式会社Elevation代表取締役。NPO法人 居酒屋甲子園7代目理事長。
兄が新潟市内の飲食店に勤めていたことから飲食業界に親しみを覚えた事をきっかけに、高校卒業後 大阪あべの辻調理師専門学校へ。洋食店での勤務、バーテンダー等、飲食店を経験し、2002年10月、25歳のときに独立し新潟市万代で居酒屋「Soi(そい)」をオープン。20歳の時に出会った師匠の教えである「何かモノを頼まれたらとりあえず引き受けろ。そして100の仕事を120のお釣り付きで返せ。」をモットーに飲食以外のラジオDJ、クラブDJ、タウン誌のコラム等々も受けるようになり、「仕事とは人に喜んでもらうこと」と深く気づく。人に喜んでいただく人材の価値向上をベースに経営し、ベジテジやSoi新潟万代店が2018年第13回居酒屋甲子園で日本一に輝く。2019年よりNPO法人居酒屋甲子園七代目理事長に就任。 2020年現在、新潟市内に3店舗を経営。

TC-3/C会場
東京 1日目
6月30日(水)
13:10-14:25
日本居酒屋協会 presents
なぜ強い?!
浜倉的 次世代の繋ぎ方 徹底分析
外食アワード2020受賞

【パネリスト】
一般社団法人日本居酒屋協会
会長
株式会社浜倉的商店製作所
代表取締役

浜倉 好宣 氏

【コーディネーター】
株式会社BigBelly
代表取締役

大林 芳彰 氏

【コーディネーター】
有限会社珈琲新鮮館/
株式会社ANCHOR GROUND
代表取締役

沼田 慎一郎 氏


一般社団法人日本居酒屋協会 会長
株式会社浜倉的商店製作所
代表取締役
浜倉 好宣 氏

恵比寿横丁をはじめ、全国のシャッター街などを再生し、新しいコミュニティの場として再生を行う。
「時代の移り変わりとは関係なく続いていく、自分らしくいられるコミュニティの場を創りたい」という考えの元、世間の流行りではなく、地域に永く必要とされる「場」、無くては困る存在の「場」を創造。「横丁」「産地との架け橋」「働く人のキャスティング」など独創的な視点で飲食店運営・プロデュースを行う。
(一社)日本居酒屋協会副会長。
2009年に外食産業記者会主催「外食アワード2009中間流通・外食支援事業者賞」を受賞。そして今回、2回目となる、2020年外食アワードを受賞。

株式会社BigBelly
代表取締役
大林 芳彰 氏

1973年東京生まれの千葉育ち。
大卒後、住宅メーカーに勤めるが、26歳の時に食事に訪れた「モンスーンカフェ」に感動し、グローバルダイニングに入社。
途中、単身タイに渡り現地のレストランで修業。帰国後「モンスーンカフェ」料理長を歴任する。
2011年3月創業。“アジアのうまいもの”を集積したコンセプトで池袋西口の外れにオリエンタルビストロ「アガリコ」を開業し、18坪38席で月商1300万円を売り上げる大繁盛店になる。
店舗展開の傍ら、年間で国内350店、海外20カ国以上を食べ歩き、蓄積したアイデアを「アガリコ」の料理に次々と反映。その際立ったメニュー開発力が業界でも注目され、飲食店プロデュース、外食企業のメニュー開発も数多く手がける。「アガリコ」のほか、「アガリコ餃子楼」、讃岐うどん居酒屋「香川 一福」、うなぎ酒場「いづも」、「串カツ田中」FC店も展開中。

有限会社珈琲新鮮館/
株式会社ANCHOR GROUND
代表取締役
沼田 慎一郎 氏

1970年生まれ
大手ゼネコン会社を辞め飲食の道に進む。
特に飲食店に勤めず、何も知らずに飲食の道へ。
最初はコーヒーを焙煎するカフェの経営からスタート。
コーヒー豆卸の客先であった「い志井グループ」の石井宏治氏に出会い、モツに関して勉強する。
その後は、もつ煮込み専門店やもつ焼き居酒屋、肉バル、食堂などを経営している。

TC-4/C会場
東京 1日目
6月30日(水)
14:45-16:15
~表から裏まで喋る~
コロナ禍でも業績を伸ばした飲食業態の新ビジネス
株式会社BBサポートホールディングス
会長

角田 元治 氏

株式会社E-MATE
Founder

清水 浩炳 氏

株式会社グローアップ
代表取締役

仲真 良広 氏

株式会社BBサポートホールディングス
会長
角田 元治 氏

アントレプレナーを目指して、自分が決めた商売の成功3原則に合った仕事を探し続けて、2002年にファミリーカット1000(1000円のカット専門店)を起業。安くて、早くて、うまい!まるで吉野家のようなキャチフレーズで展開をして、18年で100店舗を出店。可能性のある店舗だけを残して、25店舗はスクラップビルドの精神を持って6ヶ月以内で閉店。
「なぜ閉店させてしまったのか?」を考え、自分なりのビジネスモデルに特化したサービスを継続し、起業して18年間黒字経営を継続。今後は100年企業を目指しております。50歳を期にセミリタイア、拠点をタイのバンコクに移し2020年2月に「おおみやバナナ」(バナナジュース専門店)を起業して、8ヶ月間で17店舗を展開中。現在、36人の社長を育成し、共に成長を目指して、職業「社長を創る」をモットーに100人の社長を誕生させる事を目標に、日々精進しております。

株式会社E-MATE 
Founder
清水 浩炳 氏

1994年生まれ、神奈川県出身。CRISPY CHICKEN n' TOMATO 創業者。
2019年12月に「シェアリングブランドサービス」をローンチし、2020年11月時点152店舗を展開。韓国チキン専門店として、ブランドを展開中。

株式会社グローアップ
代表取締役 
仲真 良広 氏
学生時代はプロ野球選手を目指していたが大学時に肩の故障により挫折。これをきっかけに始めた飲食店での学生店長の経験から起業を決意。新卒で外資系ヘッドハンティング会社へ入社し、飲食専門のヘッドハンターとして当時の最年少コンサルタントリーダーとして勤務した後、24歳で株式会社グローアップを設立。
飲食店専門の人材紹介会社として会社を成長させつつ、新卒のスカウトサイト「キミスカ」を2013年にリリースし現在では1学年10万名以上、大学生の4人に1人が使うサービスに成長。8期に倒産の危機に見舞われるも大幅な事業改革により回復。現在は14期目に突入しており、コロナ禍において飲食、宿泊、サービス企業が大きな打撃を受ける中、解雇・事業整理しなければいけない企業から、一時的に別の企業へレンタル移籍するサービスを自ら開発し社長兼事業責任者として運営している。

2日目
TA-4/A会場
東京 2日目
7月1日(木)
10:30-11:30
全国焼肉協会presents
繁盛店作りの鉄則とは
事業協同組合 全国焼肉協会 名誉会長
株式会社 叙々苑 代表取締役会長

新井 泰道 氏



事業協同組合 全国焼肉協会 名誉会長
株式会社 叙々苑 代表取締役会長
新井 泰道 氏

1942年神奈川県横須賀市生まれ。株式会社 叙々苑 代表取締役会長。
中学3年生の時、叔母の勧めで従兄弟が働いていた東京・新宿の焼肉店「明月館」に入店。さらに、東京・神田の焼肉店「大同苑」で修業。独立後、1976年、六本木に叙々苑1号店を開店。首都圏を中心に、札幌、仙台、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、博多、熊本、沖縄など、直営店63店舗(2020年10月現在)。 焼肉弁当・焼肉のたれ・サラダのたれの製造販売も行う。2003年5月に全国焼肉協会会長に就任。現在は名誉会長。2017年4月に黄綬褒章を受章。

TA-5/A会場
東京 2日目
7月1日(木)
11:50-13:05
どうなる!?焼肉の未来!!
「焼肉 冷麺 味楽園」
代表取締役

康 虎哲 氏

株式会社 カルネヴァーレ
代表取締役

鳴坂 竜一 氏


「焼肉 冷麺 味楽園」
代表取締役
康 虎哲 氏

1974年 兵庫県 尼崎生まれ
幼少期から家業である「味楽園」を手伝い高校卒業後に社員として就職。
18歳からオーナーである父の下で6年間修行し、24歳で東京「叙々苑」に2年間の修行に出る。
26歳で実家に戻り現在に至る。
先代の想いを引き継ぐべく自身も「1店舗重点主義」を掲げ常に現場に立ち続けている。
一昨年に大阪梅田阪神百貨店のスナックパークに初プロデュース店である「牛焼 みらく」をオープン。
それを皮切りに最近ではプロデュース業も手がけている。
また、自身の経験を元に業界発展に少しでも貢献できるように講演活動も積極的に取り組んでいる。

株式会社 カルネヴァーレ
代表取締役
鳴坂 竜一 氏

1976年東京都生まれ
アパレル会社を経て、外食大手チェーンへ
7年に渡り、フランチャイズ加盟店のコンサルティング営業から 直営店マネジメント、各ブランドのメニュー開発、マーケティング全般を担当した 後、執行役員に就任。
2013年3月に独立
「カジュアル・リッチな焼肉レストラン」をコンセプトに 株式会社カルネヴァーレを設立 現在に至る

TA-6/A会場
東京 2日目
7月1日(木)
13:35-14:35
第1回 店舗デザインアワード 表彰式

優れたデザイン性を表現した作品「店舗デザイン賞」と効果的な改善点が分かる「店舗リノベーション賞」の作品を選出し、
会場内で表彰式や展示を実施します!


居酒屋 店舗デザイン部門 優秀賞
José Luis(株式会社 DESIGN STUDIO CROW)
2983 NIQBAR THUNDER YAHABA(株式会社Isoe)
和 蔦次郎(THREE)

焼肉 店舗デザイン部門 優秀賞
焼肉の名門 天壇 桂五条店(株式会社ドアーズ)
焼肉トラジ イクスピアリ店(株式会社トラジ)
横浜焼肉kintan(株式会社カルネヴァーレ)

店舗リノベーション部門 優秀賞
炭火とワイン 京都河原町店(株式会社大地)
居酒屋 店舗デザイン特別賞(外食産業新聞社賞)
タイ屋台999日比谷グルメゾン店(株式会社カオカオカオ)

焼肉 店舗デザイン特別賞(日本食糧新聞社賞)
桔梗苑 本店(株式会社ベーネ)

TA-7/A会場
東京 2日目
7月1日(木)
14:55-16:25
フードスタジアム presents
FOODからEATSへ!デリバリー市場最前線
~デリバリーがもたらす外食産業へのインパクト~
外食アワード2020受賞

【パネリスト】
株式会社ゴーストレストラン研究所(ゴーストキッチンズ)
代表取締役

吉見 悠紀 氏

【パネリスト】
株式会社シン
(フードデリバリーアプリ Chompy)
代表取締役

大見 周平 氏

【パネリスト】
株式会社DORAYAKI(究極のブロッコリーと鶏胸肉)
代表取締役

塚本 洸介 氏

【パネリスト】
株式会社ベジタリアンブッチャージャパン
(The Vegetarian Butcher)
代表取締役

村谷 幸彦 氏

【パネリスト】
株式会社ネバーランド アイ
(炭火ホルモン焼のネバーランド・VR13業態運営)
代表取締役

澤田 泰広 氏

【コーディネーター】
フードスタジアム株式会社/株式会社ミライーツ
代表取締役

大山 正 氏


株式会社ゴーストレストラン研究所(ゴーストキッチンズ)
代表取締役
吉見 悠紀 氏

ゴーストレストラン研究所 代表取締役。広告代理店を退社後、AKINDOを設立。
日本企業のアジア進出促進を目指し、マレーシアを中心に食材の輸出やPRイベントを行う。
その後、社名をeat worksに変更し、有名シェフのマネジメント、食のPRを担当。
2019年1月から1キッチン複数業態型のゴーストレストラン、「ゴーストキッチンズ」を運営するゴーストレストラン研究所を設立。

株式会社シン(フードデリバリーアプリ Chompy)
代表取締役
大見 周平 氏

東大法学部を卒業後、2012年4月にDeNA新卒入社。入社後2年間は韓国ゲーム事業に従事。1年弱のソウルオフィス赴任を挟みつつ、現地マーケティングチームの立ち上げ・新規ゲーム開発を担当。 2014年4月から新規事業部署に異動となり、自動車領域・個人間カーシェアへの投資決定を推進し、Anyca (エニカ) の立ち上げ責任者を務める。 2017年9月、子会社の株式会社DeNAトラベル代表取締役社長に就任。2018年5月、DeNAトラベルの売却を実施。 2019年5月にDeNAを退職し、2019年6月に SYN, Inc. を創業。フードデリバリーサービスのChompy(チョンピー)を立ち上げ中。

株式会社DORAYAKI(究極のブロッコリーと鶏胸肉)
代表取締役
塚本 洸介 氏

2011年3月早稲田大学卒業後、ERPパッケージシステムの開発会社に新卒入社 。
新人賞や全グループMVPに選ばれるなどエンジニアとして活躍。
教育系スタートアップ企業 株式会社マナボに転職し新規事業立ち上げに従事。
2016年個人事業主卒で新規アプリ開発のマネジメントを請け負う。
その後東証一部上場企業の子会社の執行役員を経て、2019年8月渋谷の バーを間借りして始めた「究極のブロッコリーと鶏胸肉」が大ブレイク。
2020年1月株式会社DORAYAKIを設立。現在直営、シェアブランド含め30店舗を超える人気ブランドに成長している。

株式会社ベジタリアンブッチャージャパン(The Vegetarian Butcher)
代表取締役
村谷 幸彦 氏

15歳の時に飲食業界へ。10代の内に3つの会社の飲食店の店長を経験。
21歳の時に兄が設立した外食企業に入社。同社で統括マネージャーを務める。
23歳で独立して飲食店のコンサルタントを始める。
その後、25歳で渡米して海外のレストランの仕組みを学ぶ。
帰国後、株式会社ガネーシャの本田氏に誘われて、現在の池袋店の前身となる「BUTMAJIN富山店」の立ち上げに携わる。
28歳の時に株式会社ガネーシャから出資をうけ「BUTAMAJIN池袋店」をオープン。
29歳の時に2050年の食料危機や環境問題に目をつけてオランダ・イギリスに本拠地を構えるユニリーバが所有するPBMメーカー「The Vegetarian Butcher」と日本国内の専売契約を締結。
同年、オランダの日系企業と事業の円滑化を図るためにパートナー契約を締結。2019年から同ブランドを使用した「The Vegetarian Butcher Delivery」を東京都内を中心に展開して現在に至る。
2020年8月26日に「BUTAMAJIN池袋店」をリニューアルして、未来型ハンバーガーショップ「The Vegetarian Butcher」をオープン。

株式会社ネバーランド アイ (炭火ホルモン焼のネバーランド・VR13業態運営)
代表取締役
澤田 泰広 氏

浅草で70年続いた割烹料理屋に生まれる。
高校時代から料理の世界に入り、ふぐ屋で3年、その後人生を変えたお店『代官山CANOVIAN』に出会い、イタリアンの世界へ。
独立を意識したタイミングで焼肉業態に可能性を感じ『ふたご』や炭火焼ホルモン『 ぐう』で研鑽を積み、2014年10月、戸越銀座でプロが焼くホルモン焼きをテーマに『炭火ホルモン焼きのネバーランド』で独立。
翌年に市ヶ谷店を出すが上手く行かず閉店。失敗を糧にドミナント戦略に切り替え2018年7月本店の裏に七輪を囲う従来のホルモン焼き屋『裏ネバーランド』をOPEN。
2018年12月武蔵小山に鶏焼肉屋専門店『鶏ネバーランド』、2019年10月戸越銀座にカラオケバー『ネバーランド宴』を立て続けにOPEN。
コロナウィルスの到来によりカラオケバーをゴーストレストラン兼アミューズメントバーに変更しシェアブランドを合わせてデリバリー業態は13業態運営。
今後デリバリーではVRで老舗の事業継承を行っていく。

フードスタジアム株式会社
代表取締役
大山 正 氏

1982年東京都生まれ。各種広告関係営業、外食企業のプロモーション・広報を経て、2014年1月、31歳の時にフードスタジアム株式会社 代表取締役就任。
飲食店若手経営者の会「外食5G」サポーター企業リーダー。2020年3月、株式会社ミライーツを設立。外食人のためのお役立ちオンラインコミュニティMiraEats〈ミライーツ〉を運営。

TB-5/B会場
東京 2日目
7月1日(木)
10:30-11:30
旭屋出版 presents
コロナが教えてくれた新しい繁盛店づくり
【パネリスト】
株式会社PLEIN
代表取締役

中尾 太一 氏

【パネリスト】
株式会社アールキューブ
代表取締役

坂田 健 氏


株式会社PLEIN 代表取締役
中尾 太一 氏

1992年、神奈川生まれ。調理専門学校を卒業後、㈱星野リゾートに入社。長野・軽井沢の「ホテルブレストンコート」で料理人として経験を積む。4年の在籍後、㈱スマイルズに転職、新業態の企画、運営に携わり、25歳で独立。「BISTRO plein」を開業する。飲食店のネガティブイメージを払拭し「飲食を憧れの職業に」を経営理念とし、夜のみ・週休2日で坪月商40万円という生産性の非常に高い繁盛店を築く。現在は「BISTRO plein」2店舗を展開し、アフターコロナ業態として注目のショップ&カフェ「michiru」を2020年7月に出店。新たなほかコンサルティング事業も手がける。

株式会社アールキューブ 代表取締役
坂田 健 氏

25歳のときに倒産寸前だった父の会社を継ぐ。リーマンショック・東日本大震災など倒産危機を二度経験。身内、大学教授、社員からも借金をして危機を乗り越える。六本木、京都、羽田空港、バンコク、シンガポールなどで複数業態の展開を経験。2012年『肉汁水餃子 餃包 六本木交差点』を事業展開。1店舗の実力を磨き上げるべく組織づくり、メニューや顧客満足を強化し増益を続ける。トリップアドバイザーで東京1位(10万店舗中)、10 Best Restaurants In Tokyoで1位を獲得。利益率20~30%。コロナ禍でもグループ全体で増収増益。無借金経営を実現する。現在は自立型組織づくりに尽力し、社長や店長など「長」がいなくても進化する組織を構築。2019年に直営店のノウハウを活かして餃子の製造卸「業務用餃子の餃包」を開始。約1年で導入700店舗以上、飲食店の力になるべく商品普及や開業支援に取り組む。


TB-6/B会場
東京 2日目
7月1日(木)
11:50-13:20
日本外食新聞 presents
【第1部】
~第5世代の若手経営者がポストコロナ時代をぶった斬りトーク~
未来型の飲食店経営は一体どうなっていくのか?

【パネリスト】
株式会社カオカオカオ
代表取締役

新井 勇佑 氏

【パネリスト】
株式会社ミナデイン
代表取締役 

大久保 伸隆 氏

【パネリスト】
株式会社 和音人
代表取締役

狩野 高光 氏

【コーディネーター】
株式会社外食産業新聞社
代表取締役

川端 崇嗣 氏
先着50名様に
ニュースコレクション(定価1,650円)を
プレゼント!


株式会社カオカオカオ 代表取締役
新井 勇佑 氏

1984年生まれ。東京都出身。得意科目 数学。大学 心理学を専攻。
卒業後も数学的思考をベースに心理学の研究に没頭するが、業界での自分の存在意義に限界を感じ、全く別な外食産業に参入。
(有)コパアミューズメントでタイ料理の修行をした後に一年間の飲食店を周るニート生活をする。その際、タイ屋台というマーケットに可能性を感じ、(株)カオカオカオを設立。
外食産業の捉え方として【業種×業態×パーパス×(4p×5p)】という運営公式をもとにした運営やオープンイノベーション型の経営などは、「がっちりマンデー」や各種メディアで紹介される。
現在は、新しい外食産業の経営戦略としてCSVを掲げ、SDGs店舗を2021年展開予定。

株式会社ミナデイン 代表取締役
大久保 伸隆 氏

1983年生まれ。千葉県出身。
大学卒業後、不動産会社を経て、2007年エー・ピーカンパニー入社。
店長などの現場、事業部長などを経て、
2012年取締役営業本部長に就任、東証マザーズ上場、
東証一部への市場変更を経験し、2014年に副社長就任。
アルバイトをやる気にさせる独自の経営モデルは「カンブリア宮殿」
「ガイアの夜明け」などに紹介される。2018年6月に退社。
同年7月にミナデインを設立し、代表取締役に就任。
現在は『烏森百薬』『烏森絶メシ食堂』(東京・港区新橋)、
『里山transit』(千葉・佐倉市ユーカリが丘)などを経営。
飲食店の経営を通じて、まちづくりのプロデュースに乗り出す。
著書に『バイトを大事にする飲食店は必ず繁盛する』 (幻冬舎)

株式会社 和音人 代表取締役
狩野 高光 氏

1987年1月8日、東京・向島生まれ。
株式会社 和音人(わいんびと) 代表取締役、合同会社vinle riz 代表、
株式会社マルノワホールディングス代表取締役、株式会社ミライーツ社外取締役。
28歳のとき三軒茶屋に「和音人月山」を開業。ドミナント展開を行い、
現在では茶屋に飲食店を6店舗、山形の産物を扱う物販ショップを1店舗経営。
山形県でワイン用ブドウの栽培を手掛け、将来的にはオリジナルワインの醸造はもちろん、
ワイナリー建設も視野に入れる。
3次産業から1次産業まで幅広いジャンルでビジネスを展開し、店舗経営だけでなく、
講演会活動も行う。また、「日本食文化100年研究会」を主宰し代表を務めるほか、
第5世代の若手経営者の勉強会「外食5G」の代表も務める。

株式会社外食産業新聞社
代表取締役
川端 崇嗣 氏

かわばた・たかし 1965年1月、東京生まれ。83年、明法高等学校を卒業し亜細亜大学法学部に入学。
同校卒業後、デザイン会社を経て89年に株式会社醸造産業新聞社入社。
酒類業界のトップ専門紙《酒販ニュース》で日本ワインや流通(大手スーパーや酒DS) などさまざまなジャンルを幅広くを担当する。
遊軍記者として20年間の記者活動後、地域創生を掲げる農業コンサルティング会社起業への参画を経て、 2010年8月に外食産業新聞社入社。2011年より、外食産業界の情報を網羅した、 主に中小の外食ベンチャー企業にターゲットを絞った媒体《日本外食新聞》(1974年創刊)の編集長に就任。
16年5月に同社代表取締役に就任後も編集長を兼務し、全国各地の飲食店への取材活動を継続。
飲食業界の最新動向に幅広く精通している。その実績により、各地の飲食セミナーにも数多く登壇。 新聞記者歴30年を迎える。

TB-7/B会場
東京 2日目
7月1日(木)
13:40-14:40
日本外食新聞 presents
【第2部】
コロナ禍を乗り越える強いチームと店の作り方
~産地と東京をつなぎ、エリアに根ざすドミナントレストランがとった戦略~
株式会社グリップセカンド
代表取締役社長

金子 信也 氏
先着50名様に
ニュースコレクション(定価1,650円)を
プレゼント!


株式会社グリップセカンド
代表取締役社長
金子 信也 氏
1972年、栃木県鹿沼市生まれ。法政大学を卒業後、三井生命保険相互会社に入社。バスケット選手として国内・アジアで数々の大会に出場。またオリンピックナショナルチーム強化選手に選ば れ日本代表としても活躍。
29歳のときに所属チームの廃部にて現役引退。在籍していた三井生命 にて1年勤務を続けた後に退職。それを機にニューヨークやヨーロッパを放浪。「本当のサービス とは何か?」を体感し、帰国後に有限会社グリップを設⽴。池袋にて飲食サービス業をはじめ る。
現在は、株式会社グリップセカンドとして、豊島区・中央区を中心に10店舗11業態を多業態 で展開。全国60以上の生産者を訪問しては直接契約し、独自の仕入れルートを築く。また食材を 前提にしたメニューづくりと、グループ店舗の連携体制を構築することによって食材廃棄率1%を 達成している。

TB-8/B会場
東京 2日目
7月1日(木)
15:00-16:30
外食企業の上場は出店戦略で決まる!
~上場に向かう企業のリアル~
株式会社NATTY SWANKY
代表取締役社長

井石 裕二 氏

光フードサービス株式会社
代表取締役

大谷 光徳 氏

ホクトシステム株式会社
代表取締役

中瀬 一人 氏


株式会社NATTY SWANKY 代表取締役社長
井石 裕二 氏

1974年生まれ、東京都出身。20才のとき田中竜也氏と出会う。
その後会社員として働くも、独立を見据え退職。26才で田中氏が創業する際に出資し、 2人で株式会社NATTY SWANKYを立ち上げる。
2011年にオープンした「ダンダダン酒場」は、以降、同社の主力業態となる。
現在、同店はFCを含め全国99店舗にのぼる。2019年東証マザーズ上場。

光フードサービス株式会社 代表取締役
大谷 光徳 氏

1980年生まれ、老舗の焼肉チェーン店に就職、役員を経て2008年4月に単価90円からの焼きとん串をメインとした立呑み業態「立呑み・焼きとん大黒」を立ち上げる。その圧倒的な収益力により1号店の早期投資回収を実現。
その後は同業態をメインビジネスとして、名古屋を中心に300店舗体制に向け現在43店舗展開中。その業態力・収益力もさることながら、社内仮想通貨、社内SNS、評価制度アプリ等、革新的な人材マネジメントシステムを次々と自社開発し、他社ではあり得ない採用力・定着力を発揮。その取り組みは業界紙のみならず、研究機関やコンサルティング会社からも注目されている。

ホクトシステム株式会社 代表取締役
中瀬 一人 氏

大学卒業後、大手不動産に入社し、店舗不動産仲介に従事。2009年、ユナイテッド&コレクティブ株式会社に店舗開発責任者として入社。取締役開発本部長として10年間で100店舗の出店を手掛け、不採算撤退ゼロを達成。2015年からは取締役CFOとして上場を指揮。2017年に東証マザーズへの上場を果たし、店舗財務会計や資金調達のアドバイスも得意とする。
同社退任後2019年、ナシエルホールディングス取締役に就任(現任)。
2020年、ホクトシステム株式会社の代表取締役に就任し、店舗開発の豊富な経験から、開発顧問として多店舗展開に悩む企業への支援を積極的に行う。また、これら企業の次ステージとして、財務会計改善を含めたIPO支援なども幅広く行っている。

TC-5/C会場
東京 2日目
7月1日(木)
10:30-12:00
【コロナ?それがどうした?】
アイデアマン社長たちが語る
どんな環境にも強い繁盛店の創りかた
【パネリスト】
株式会社馬喰ろう
代表取締役

沢井 圭造 氏

【パネリスト】
有限会社たるたるジャパン 
代表取締役

齊藤 崇 氏

【パネリスト】
株式会社カワイハイ
代表取締役

濱野 健嗣 氏

【パネリスト】
株式会社イーデザイン
代表取締役

佐藤 充 氏

【コーディネーター】
株式会社Elevation
代表取締役

山崎 聡 氏

【コーディネーター】
株式会社外食産業新聞社
代表取締役

川端 崇嗣 氏
先着50名様に
ニュースコレクション(定価1,650円)を
プレゼント!


株式会社馬喰ろう 代表取締役
沢井 圭造 氏

1976年馬れ
千葉県に馬肉専門メーカーを構え、全国に馬肉卸などの営業を展開。
更なる馬肉料理の普及活動に努める為、2007年より馬肉専門店「馬喰ろう」を創業。
様々なエリアにて多種多様な馬肉業態を現在24店舗を展開中。
また日本馬肉協会にての馬肉の啓蒙活動も行う。

有限会社たるたるジャパン 代表取締役 
齊藤 崇 氏

富山県出身
26歳までふらふら無職だが、 26歳で際コーポレーションに入社し、中島武氏を師と仰ぐ、 30歳で独立する。
現在10店舗展開している。

株式会社カワイハイ 代表取締役
濱野 健嗣 氏

岡山県出身
 20歳 飲食業界へ、港区のイタリアンレストランでホール業務を学ぶ
 21歳 西麻布にあったBARドランカーに店長として就職 
 23歳 BARドランカーを退職し、単身 1年間の世界旅行に
 24歳 東京へ戻り BARドランカーに再就職 
 26歳 店舗 BARドランカーを買取、有限会社カワイハイの代表取締役に就任
 32歳 港区西麻布にてニクアザブを立上げ、焼肉業界へ BARで培った知識を武器に カウンターを中心とした接客重視の新しいスタイルの焼肉店を確立させる
 現在 都内にて7店舗を展開中

株式会社イーデザイン 代表取締役
佐藤 充 氏

1981年生まれ。
15歳から料理人の道に入り飲食業界一筋。
2006年に創業し、2007年に株式会社イーデザインを設立した。
現在は様々な業態で20店舗以上展開している。

株式会社Elevation 代表取締役
山崎 聡 氏

新潟県新潟市出身。株式会社Elevation代表取締役。NPO法人 居酒屋甲子園7代目理事長。
兄が新潟市内の飲食店に勤めていたことから飲食業界に親しみを覚えた事をきっかけに、高校卒業後 大阪あべの辻調理師専門学校へ。洋食店での勤務、バーテンダー等、飲食店を経験し、2002年10月、25歳のときに独立し新潟市万代で居酒屋「Soi(そい)」をオープン。20歳の時に出会った師匠の教えである「何かモノを頼まれたらとりあえず引き受けろ。そして100の仕事を120のお釣り付きで返せ。」をモットーに飲食以外のラジオDJ、クラブDJ、タウン誌のコラム等々も受けるようになり、「仕事とは人に喜んでもらうこと」と深く気づく。人に喜んでいただく人材の価値向上をベースに経営し、ベジテジやSoi新潟万代店が2018年第13回居酒屋甲子園で日本一に輝く。2019年よりNPO法人居酒屋甲子園七代目理事長に就任。 2020年現在、新潟市内に3店舗を経営。

株式会社外食産業新聞社
代表取締役
川端 崇嗣 氏

かわばた・たかし 1965年1月、東京生まれ。83年、明法高等学校を卒業し亜細亜大学法学部に入学。
同校卒業後、デザイン会社を経て89年に株式会社醸造産業新聞社入社。
酒類業界のトップ専門紙《酒販ニュース》で日本ワインや流通(大手スーパーや酒DS) などさまざまなジャンルを幅広くを担当する。
遊軍記者として20年間の記者活動後、地域創生を掲げる農業コンサルティング会社起業への参画を経て、 2010年8月に外食産業新聞社入社。2011年より、外食産業界の情報を網羅した、 主に中小の外食ベンチャー企業にターゲットを絞った媒体《日本外食新聞》(1974年創刊)の編集長に就任。
16年5月に同社代表取締役に就任後も編集長を兼務し、全国各地の飲食店への取材活動を継続。
飲食業界の最新動向に幅広く精通している。その実績により、各地の飲食セミナーにも数多く登壇。 新聞記者歴30年を迎える。

TC-6/C会場
東京 2日目
7月1日(木)
12:20-13:20
~発酵のチカラを活用しよう~
肉の熟成から魚の保存まで可能に!!
外食アワード2020受賞

株式会社フードイズムラボ
代表取締役

跡部 美樹雄 氏


株式会社フードイズムラボ
代表取締役
跡部 美樹雄 氏

2012年熟成肉専門店を「旬熟成」を出店。熟成には発酵菌が重要と知り、飲食店の経営の傍ら、菌と肉の研究に没頭。明治大学農学部と産学連携にて、約4年の歳月をかけ、安全で人体無害な接合菌の培養に成功。熟成肉や熟成魚を簡易的に生産できる「エイジングシート」を開発した。肉や魚に巻くだけで簡単に熟成が可能となる。特徴として、従来の熟成庫を必要とせず、安全に個人の力で熟成した付加価値ある物を作り出せる。また、この技術を転用し保存への活用も発見。温度と日数のコントロールで、熟成から保存まで様々な商品コントロールができる。自分好みの熟成肉や熟成魚を作ったり、刺身などには、劣化軽減させて日持ちが良くなるなど、使い方次第で仕上がるものは無限大。自分好みの食材を作れるシートである。フードテックコンテストの企業賞や、川崎市から産業賞など多数受賞。

TC-7/C会場
東京 2日目
7月1日(木)
13:40-15:10
実演
世の中のうねりを乗り越えろ!今こそ価値ある接客を!
『サービスのチカラ』激動&王道編
株式会社LEAD LIVE COMPANY
取締役副社長

遠山 啓之 氏

【コーディネーター】
株式会社ピーカチ
取締役副社長 COO

西林 厳史 氏
先着50名様に
ニュースコレクション(定価1,650円)を
プレゼント!


株式会社LEAD LIVE COMPANY
取締役副社長
遠山 啓之 氏

取締役副社長//日本フードビジネスコンサルティング協会 理事
1973年生まれ
杏林大学社会科学部卒業後、小劇団に入り俳優を目指す
デザイン会社を経て、2000年【株式会社グローバルダイニング】に入社
モンスーンカフェ恵比寿店の店長、G-ZONE銀座店、代官山店の店長を歴任
レガート、ステラートのディナーレストランを経て、2013年9月【株式会社プレジャーカンパニー】に入社
サービスマネージャーとして、現場勤務とともに、接客の理論化や仕組み作り、教育の仕方の教育、組織作りなどを担当
2015年1月から2018年3月まで【日本外食新聞】内で、接客や教育を文章化した記事【サービスのチカラ】を執筆
2019年1月に【サービスのチカラ 店長マネジメント編】
2020年1月に【サービスのチカラ 今からできる!笑顔のアクション接客編】を出版
社外セミナーや学校での臨時講師など、活躍の場所は多岐に渡る
2020年11月【株式会社LEAD LIVE COMPANY】設立

株式会社ピーカチ
取締役副社長 COO
西林 厳史 氏

1975年広島生まれ。1997年(株)ぐるなび関西版の立上げメンバーとしてNKB入社。
3か月後にチーフとなり支社2番手として関西支社を束ねる。
その中で飲食業界の人と食に魅了され、飲食業界に携わる会社を設立し独立したいと退職。
独立前に求人広告も勉強したいと飲食専門の求人誌グルメキャリーの門を叩き入社。
その後2000年(有)グローバルメディアジャパン設立し、代理店としてぐるなび広島版の立上げを行う。
その後ケータイが会員証・ポイントカードに!というコンセプトの元、現在のP+KACHIシステムを開発、 2002年P+KACHIをサービスイン。2006年システム名を社名にし(株)ピーカチを設立、取締役副社長COOに就任。
飲食業界に携わり23年。現在P+KACHIシステムはポイントカード・顧客管理をベースとして多種多様な店舗様と 850万人のエンドユーザーの方々にご利用頂いています。

TC-8/C会場
東京 2日目
7月1日(木)
15:30-16:30
S1サーバーグランプリ presents
お客様が戻ってきているお店は
接客がしっかりしているお店
NPO法人 繁盛店への道
理事
株式会社登龍
代表取締役

布施 知浩 氏


NPO法人 繁盛店への道 理事 株式会社登龍 代表取締役
布施 知浩 氏

1983年生 福島県出身 青山学院大学卒業
- 飲食店の現場のひと -
大学卒業後、飲食企業に入社し、新業態立ち上げ店長、人材育成担当、複数店舗統括を経て、 より多くの方に飲食店サービスの可能性を伝えるきっかけとして、S1サーバーグランプリにエントリー。
第4回 S1サーバーグランプリ全国優勝。
知識・技術・話術を中心とし、体系化された「実践的接客サービス理論」の講演開始。
2012年1月 東京銀座にて独立開業。「銀座 ごち惣家」を開店。
同3月、接客理論をまとめた著書「サービスと接客の極意」を出版。
2020年4月「飲食店が0から始める、商品のインターネット販売手法」をWEB上で公開。
現在も日々現場に入り、顧客心理を考察しながらも、オーナーサーバーとして接客実践中。

※焼肉ビジネスフェアと居酒屋JAPANは出展企業と外食業界来場者やセミナー登壇者の皆様との商談交流の場となっております。
出展されていない企業の営業行為または挨拶行為等は、 開催趣旨にそぐわないため固くお断りしております。




リンクバナー

  • 叙々苑
  • 全国焼肉協会
  • 居酒屋JAPAN

関連バナー

  • ミートフードEXPO リンクバナー 焼肉ビジネスフェア2021

関連サイト

  • 食の情報源
  • 大阪外食産業協会
  • 外食産業記者会
  • 日本居酒屋協会
  • 日本馬肉協会
  • 日本食鳥協会
  • 日本畜産副産物協会
  • 全国食肉事業協同組合連合会
  • Sunshine City
  • ATCホール
  • 外食産業新聞社
  • FOOD STADIUM
  • 日本食肉消費総合センター
  • 日本食肉市場卸売協会
  • 一般社団法人 日本養豚協会
  • 全国食肉業務用卸協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本食肉加工協会
  • FABEX
  • デザート・スイーツ&ドリンク展
  • ファベックス関西
  • 関西デザート・スイーツ&ドリンク展
  • ファベックス中部
  • 東海スーパーマーケット